会社員、追いつめられる前に退職を

金曜日, 12. 4月 2019

私は会社員時代、毎日自殺を考えていました。会社に行くのがつらくてつらくて、家にいて会社に行く前は自分を元気付ける前に鏡の前で大声で笑っていました。そうして自分を元気づけなくては、会社に行く勇気がなかったのです。
会社で何がつらかったかと言えば、「仕事がない」ことです。

サービス残業している方には贅沢と言われるかもしれませんが……私は骨の髄まで「何もやることがなく、仕事がないことのつらさ」を知らされました。
会社に行っても、何もすることがないのです。同僚に「仕事ありませんか」とたずねても何もない、という返答しか帰ってこないので、一通りその質問をした後は、お掃除にいくのが私の日課でした。
毎日、毎日、ただ掃除だけしていると、お金貰っているのにな……と涙が出てきました。

サービス残業でくたくたなのは、多くの人にわかってもらえる「つらさ」です。
しかし、私が経験したような「つらさ」は、一体どれぐらいの人が分かってくれるでしょうか。何もしなくていいのなら楽でいいじゃん、という人もいるでしょう。
私自身、そう思いこもうとしていました。楽なんだからいいじゃん……と。

何もすることがないつらさ。私は外で掃除をいいことに、声を殺して毎日泣いてました。
そして、そういう生活をしていると、どれだけ一生懸命無理に笑っていても、自分が壊れていくのがわかるのです。
追いつめられた私は、自分が完全に壊れる前に、逃げるようにしてその会社を退職しました。それでも数年は、夢の中にその会社は出てきてうなされました。

鬱で自殺する人の気持ちが、とてもよくわかります。毎日毎日考えていましたから。
私は自分がそうなる前に逃げ出しました。
げるのは決して恥ではないのです。
自死を選ぶ前に「逃走」という道がある事を、どうか会社で追いつめられている皆様思い出してください。
今では私は整体師になるという夢を抱くようになり前向きに楽しく生きることができるようになりました。

片思いで苦い思い出…相手はモテる男性ばかり

水曜日, 10. 4月 2019

私は片思いの相手がいた過去があります。かなり昔のことなのですが、中学や高校でも片思いの相手がいました。もう本当に好きで、その人のことをしょっちゅう考えるほど好きな気持でいっぱいでした。しかし、とっても苦い思い出があります。それは、私が片思いする相手はモテる男性ばかりだったということです。

私はなぜかクラスでもトップレベルでかっこいい男性しか好きにならないという好みの持ち主でした。なので、ライバルは当然多いですし、さらに自分のことを好きになってもらえる可能性なんてとっても低いです。

苦い思い出としては私が好きになった人は既に彼女がいるということが大半でした。またさらに私のことを名前すら覚えておらず、クラスメートとして存在していることも覚えられていないこともありました。これはさすがにとてもショックでした。大人の恋愛でキープされていたり、二股されていたり、嫌われてしまったりするよりもショックな気がします。

参考サイト キープされてる?女が男にキープされてるかのチェック・診断・対処方法とは?キープから本命になる!

しかし、懲りずに私はモテる男性ばかりを好きになってしまい、勝手に自信喪失してしました。